レッド・ドット賞を受賞したアプリケーション「SAP Fiori」のための新書体「72」

ヨーロッパ最大規模のソフトウェア会社SAPは、2015年にビジネス向けアプリケーション製品であるSAP Fioriでプロダクト・デザインの賞であるレッド・ドット賞を受賞しました。この栄誉を陰ながら支えたのが、SAP Fiori用に作成された新しい書体「72」です。

「72」は、SAP社のイメージを維持しながら、文字列中心のユーザーインターフェース環境に対応できるデザインであることが大切でした。MonotypeデザイナーのTerrance Weinzierlが開発支援を行った書体「72」は、書体製品単独でも評価を受け2017年にレッド・ドット賞を受賞しました。

SAP社では、SAP Fioriを発売するにあたり、文字列の多い画面をユーザーが難なくナビゲートできるよう、タイポグラフィのしっかりとしたフォントセットを必要としていました。ユーザーインターフェースは、フォントが命なので、さまざま画面に対応できるフォントを選ぶことが鍵でした。

「ユーザーインターフェースにおいて、良い書体とタイポグラフィが大きな役割を果たすのですが、そのことにユーザーが気づくことはまずありません。良いタイポグラフィシステムは、さまざまなサイズ、太さ、スタイルにおいてもバランスが良く、くっきりとした見やすいフォントセットを作ります。どの大きさやスタイルにも対応できて、読みやすく美しい書体が我々のユーザーインターフェースには必要なのです(SAP社Jeong-Sook Lee氏)」

技術的な要件に加え、バランスの取れた書体であることが鍵でした。つまり、さまざまなスタイルやサイズでも読みやすく、インターフェースになじみやすい書体でなければなりませんでした。と同時に、SAPの声を届けるものでなければなりませんでした。

「多くのデジタル製品で、ユーザーエクスペリエンス自体が製品のブランドになることがあります。ユーザーは、難なく製品のコンセプトを理解する必要があります。製品を効果的に使ううえでフォントデザインにその邪魔をさせるわけにはいきません(SAP社John Pompa氏)」

デフォルトフォントであるArialの代わりとなる書体を探していたところ、SAP社のデザインチームはMonotypeのTerrance Weinzierlと出会います。 製品のコンテンツを伝えるうえで、信頼でき、しかも暖かみのある書体の種類について、両者は話し合いを重ねました。

SAP72は、一生懸命仕事をしながらも親近感の持てるフォントです。まさにFiori アプリに求められていることです。

 WeinzierlはSAPのチームと共に、グロテスク体、ヒューマニスト体、ゴシック体のあらゆる特徴について検討しました。

「我々の間ではArial やHelveticaといった、どこか真面目で本物のイメージのあるネオ・グロテスク体フォントを使う案もあったのですが、ユーザーに対して冷たすぎたり、そっけなさすぎたりする印象を与えたくありませんでした。我々の目的は、どこか真面目でありながら、SAP Fioriのコンセプトも合わせ持ったもの、つまりユーザーにとって使い勝手の良い書体を作ることに尽きるのです。そこに答えがあることに気がつきました」

Weinzierlはまず小文字のa とgを描き始めました。この2つの文字の形はさまざまなデザインのDNAを持っていることでよく知られています。どちらの文字の形もTrade Gothic書体のgの形を参考にしていて、Weinzierlが「まるで耳が弾んでいるよう」と呼ぶ特長を持っています。

「グロテスク体のそう言った細かな点がほんの少し加わるだけでも、華やいだ感じになります。そしてそれが書体のデザインの難しいところでもあります。たとえば書体の一箇所がきつく見えるだけで、同じページ内でその箇所が繰り返し表示されるので、ページ全体の印象がすぐに変わってしまいます。ですから、いかにさりげなく行うかがポイントなのです」

約4ヶ月にわたり、MonotypeとSAPのデザインチームはミーティングを重ね、デザインの工程について話し合いました。その間、要件に見合うよう繰り返し文字を見直しました。SAP72書体は、丸文字でArialよりもやや高めのエックスハイトという特徴を保ちながらArial書体の範囲内で作成する必要がありました。

「SAP72には、ネオ・グロテスク体の誠実さとゴシック体の暖かみを持ち合わせています。SAP72は、一生懸命仕事をしながらも親近感の持てるフォントです。まさにFiori アプリに求められていることです」

上に突き出る文字 (b、d、h、k)も下に突き出す文字 (y、j)も同じ割合で突き出しています。これはユーザーインターフェースの制御内でCSSを介して文字を中心揃えにするためです。たとえば大文字のIと小文字のLとの違いがはっきりわかるようにするなど、文字を区別しやすくすることに重点を置きました。さらに画面やサイズの小さいフォントにも対応できるようにしました。またグローバルな市場にも対応できるよう、ヨーロッパ言語もサポートしています。

書体の開発を通して、書体が今後SAPに対してどのような役割を担っていくか、また会社の個性がどのようにフォントに映し出されたか、ということにまで会話が及びました。

「デザインというものが、SAPの中で重要な核になってきています。組織にとって、デザインは魅力的な資産となるものです。SAPもまた、デザインを重要視していることは明白です。72書体は、当社で重要な貢献を果たしました。(SAP社John Pompa氏)」

72を体験してみよう

SAPチームから―SAP72について読んでみよう、体験してみよう。カスタマイズされた新しい書体のさまざま大きさや特長を体験してみよう。

Facebook icon Instagram icon LinkedIn icon Twitter icon