デバイスが言葉の壁を乗り越える

世界中のユーザーが母語で自由なコミュニケーションが可能に

Monotype WorldType®

デバイス製品の海外展開にあたって多言語対応は不可欠です。言語の中には文脈によって文字の形や位置、順序が変わるといった複雑な文字体系を持つものがあります。調整が必要な文字が膨大になればメモリの消費量が増え、結果、デバイスの動作が目に見えて遅くなってしまいます。

Unicode完全対応のWorldTypeは、こうした問題をスムーズに解決します。モジュール型ソフトウェアライブラリのWorldType® Layout Engine™は、1つのライブラリで多言語テキストの組版、配置、レンダリングが行えます。WorldType® Shaper™は、ラテン系言語以外の文字の成形や双方向テキストの表示を可能にします。

WorldTypeの各機能は単体でも組み合わせでもご利用いただけます。市場投入までの開発期間とコストが抑えられ、海外市場のニーズに応えることができます。さらには既存のテクノロジーとの統合も容易なため、現在のレイアウト方法やレンダリング方法を再構築する必要もありません。

世界中でブランドの一貫性を確保

海外展開の大きな課題、多言語対応。WordTypeなら無理なく解決できます。

複雑な文字や双方向テキストにも対応

中国語、日本語、韓国語のほか、ヘブライ語やアラビア語といった複雑な双方向言語でも組版、配置、レンダリングが容易に行えます。

改行の制御

句読点後の改行や禁則設定などの明確な改行のほか、言語に特有の改行も制御することができます。

空白の調整

改行後の空白、テキストの位置揃え、インデントのほか、表示領域からはみ出た文字列を省略記号(エリプシス)で示すよう設定できます。

文字の置換

よくある文字や記号の組み合わせを文脈や文字の配置で顔文字やマークに置き換えるよう設定できます。

文字列の省略方法

表示領域からはみ出た文字列を省略記号(エリプシス)で表示するか、その他の記号で表示するか、開発時に決めることができます。

カーソルの配置

高い柔軟性でカーソルの移動・位置の指定も詳細に設定することができます。

柔軟な操作性

レイアウトのニーズに合わせて最適な操作性を実現します。大量のテキストに対応する最先端のコンテナモードから、カスタマイズ性の高いラインモード、主に少量のテキスト向けの効率の良いストリングモードまで、柔軟に対応します。

言葉の壁を越えるツール

言語の世界は多種多彩です。テキストの見せ方ひとつで微妙なニュアンスの違いが生まれることもあります。複雑な文字体系を持つアラビア文字やデーヴァナーガリー文字、タイ文字などは、文脈によって文字の形、位置、順序が変わります。従来のフォントレンダリング・レイアウト・管理ツールはラテン系言語には対応していますが、複雑な文字体系を持つそれ以外の言語については、グリフの選択、結合、並び替えに対応できないこともあります。

WorldType Shaperの特徴

  • 文字成形や双方向表示など、多言語に対応
  • 複雑な文字体系の言語でも、周囲の文字に応じて自動的に成形できるようグリフの仕様を設定
  • 使用するAPIが少なくてすみ、統合が容易
  • レガシー技術に対応し、現行世代のデバイスでもテキスト表示技術の再構築が不要
  • フォントの特徴を含む属性付きテキストを処理
  • テキストの適切な改行位置についてヒントを提示