Studio

チームのご紹介

Monotype Studio には世界中の人材が集まっています。当社は世界中の有名ブランドの書体をデザインし、この業界で最も象徴的で話題となっているデザインをいくつも生み出しています。

Tom Foley

Tom FoleyはMonotypeの英国の書体ディレクターで、Monotype Libraryや企業ブランド用の書体をデザインする書体デザイナーのチームをリードしています。曽祖父は文字を彫ることが専門の石彫職人の一家の出で、また叔父は看板職人と、言葉や文字は、彼の血のなかに脈々と受け継がれています。

Phil Garnham.

Monotypeクリエイティブ・タイプディレクター、Phil Garnhamは書体デザイナーとして長年活躍し、世界ブランドの専用書体の開発でも豊富な経験があります。デザインスタジオや企業クライアントとの協働を通じて、ブランドにとって統一感のある書体を持つことが、いかにクリエイティブやビジネスの面で重要であるかを実感しています。

小林章

欧文書体の国際コンペティションで2度のグランプリを獲得して 2001 年よりドイツ在住。有名な書体デザイナーであるヘルマン・ツァップ氏やアドリアン・フルティガー氏との共同での書体開発のほか、モノタイプ日本デザインチームが開発して2017年に発表された同社初の日本語書体「たづがね角ゴシック」のディレクションを担当した。欧米、アジアを中心に講演やワークショップを行うほか、世界的なコンテストの審査員も務める。

Charles Nix

Charles Nixはデザイナー、タイポグラファー、教育者であり、現在Monotypeで書体ディレクターを務めています。Monotype Libraryの数々の人気書体をデザインしており、中でもWalbaumとHope Sansは第22回Annual Type Directors Club Typeface Design CompetitionでCertificate of Typographic Excellenceを受賞しています。また、Google Noto、Progressive Insurance社、フィラデルフィア美術館のカスタム書体もデザインしています。

Tom Rickner

Monotype Studio Designのディレクター、Tom Rickner は、書体業界において30年以上の経験を積んでいます。初期の頃のビットマップの編集から、Adobeのまったく初めてのマルチプル・マスター・フォントやFont BureauとAppleのTrueType GXバリエーション・フォントのデザインまで、長いキャリアを通じて書体デザインやフォント制作のあらゆる要素を習得してきました。

Terrance Weinzierl

Monotype Studioのシニア書体デザイナーとして、Terrance Weinzierlは、2008年以来、Monotype Libraryや様々なブランドのために書体をデザインしたり既存の書体のカスタム版を作ったりしてきました。MicrosoftやGoogle、バーンズ・アンド・ノーブル、ドミノ・ピザやSAPのカスタム・プロジェクトで仕事をするのに加え、彼は、ゲームやプロ・スポーツ・チームや自動車メーカーの書体をデザインしてきました。

Friedrich Althausen.

Monotypeベルリンの書体デザイナー、Friedrich Althausenはワイマールのバウハウス大学に学んだ後、書籍のタイポグラフィと文字のドローイングに引かれ、フリーランスデザイナーになりました。数学や作図法などの教科書用に書体をデザインしたこともあり、彼の手がけたVollkornは、フリーWebフォントの先駆けとして有名になりました。

Jelle Bosma

Jelle BosmaはMonotypeのシニア書体ディレクターです。1992年にTrueTypeチームのリーダーとして入社し、以後昇進を重ね、変わり続ける書体業界に多くの面で影響を与えてきました。

Tao Di.

Monotype上海の書体デザイナー、Tao Diは、大学では工学を専攻していました。卒業後はグラフィックデザイナーとして中国の広告代理店に就職。このとき書体の魅力に取りつかれ、独学で書体デザインを勉強しました。

土井遼太

土井遼太は、Monotypeのタイプデザイナーです。東京藝術大学でデザイン科を専攻したことをきっかけに、書体に興味を持ち始めました。大学を卒業後、英国レディング大学にて書体デザイン専門コースに在籍し、和文書体と欧文書体の違いについて研究を重ね、修士号を取得しました。

Robin Hui

Robin Huiは1988年に書体デザイナーとしてMonotype Hong Kongに入社しました。現在 Monotype Hong Kongの主任デザイン・プロダクションマネージャーを務め、様々な書体デザインやテクノロジープロジェクトを任されています。異なるプラットフォーム間での書体の圧縮、ヒンティング、レンダリング制御も彼の仕事です。Monotypeへの入社前は、10年間プロの植字工を務め、書体の効果的な活用における経験を積み、中国語書体に対する強い情熱を抱くようになりました。

Kamal Mansour

Kamal MansourはMonotypeの言語に関するタイポグラファーです。1990年代半ばから世界中の数多くの言語のタイポグラフィに携わっています。その間、世界中の言語のデジタル・サポートを可能にするUnicodeの開発にも携わってきました。さらに、さまざまな複雑な書字システムを正確に書体で再現するのに必要なコードも数多く開発してきました。