Juan Villanueva
書体デザイナー

Juan Villanueva は、ニューヨーク市にある Monotype Studio の書体デザイナーです。Monotype Library には彼のデザインした Walbaum や Sagrantino などの書体があります。これまで Tencent Sans、Ricky Zoom、複数のGoogle Noto フォントなどのカスタム書体を手掛けてきました。

ペルー生まれの Juan Villanueva はリマで育ち、10 代をニュージャージー州のクリフトンで過ごしました。彼はどちらの街もこよなく愛し、作品には両方の言葉や文化が表れています。

本職以外でもレタリング、書道、活版印刷、グラフィックデザインをたしなみ、授業やワークショップ、講義を通じてこれらに関する知識を共有しています。Juan はクーパーユニオンの夏季集中芸術プログラムでグラフィックデザインの講師を務めた経験もあり、現在はニューヨーク市立大学でタイポグラフィーを教えています。

Juan は何よりも、ニューヨーク市の書体オタクであることに誇りを持っています。彼は [email protected] プログラムの卒業者で、AIGA NY のメンバーでもあります。また、Society of Scribes と Type Directors Club の役員も務め、ユーザー、メーカー、書体愛好家の集まる懇親会やイベントなどを開催しています。

スタジオリリース

カスタム書体

Juan Villanueva