M-Kitでディスプレイに革命を

ビットマップはもう不要。M-Kitは高品質のアウトラインフォントを提供します。新たにコストをかけることなく、世界市場への進出が可能です。

M-Kit各モジュールのご紹介

Edge™

2D・3D環境でのエッジ処理、ヒンティング、グレースケールの各技術により、リアルタイムで簡潔・明瞭なダイナミックテキストとアンチエイリアシングを実現、閲覧状況に対するレスポンスを高めます。

FontLinker™

FontLinkerは1つのフォントを別の複数のフォントセットにリンクさせる機能です。データを1度ロードするだけで、対応言語数・地域・規模を問わず、画面の文字表示の効率が格段に上がります。

開発のスピードアップを実現

コンフィグレーション段階から優位に立つ

組込み技術のプロであるMonotypeの専門チームが開発の最初の段階からラスタライズの際の最適なパラメータ値を設定します。

リソースの効率利用

メモリ制約の厳しい小型デバイスであっても、最小限の容量・パワーで消費量や処理時間を抑えます。

実装の柔軟性

M-Kitはオープンソースライブラリに対応していますので、テキスト成形ツールやレイアウトツールで人気の高いHarfBuzzやPangoにまで統合の範囲を広げることができます。

細分化の解消

同一製品を言語別・バージョン別に準備・管理する必要はもうありません。1度構築すれば、M-Kitが文字のバリエーションに対応します。

製品目標を達成

ブランドの一貫性

M-Kitはユーザーインターフェースをデザイン通りに、忠実に再現します。デバイスやディスプレイに関係なく、ブランドイメージを保つことができます。

コスト効率の最適化

製品の後続リリースで新しいコンテンツを表示する場合でも、プラットフォームの新規開発やデザインの変更は不要です。1度テキストを作成すれば、すぐに市場投入が可能です。

世界展開

ブランドイメージに合った、ユーザーの関心を引きつけるインターフェースが可能です。多言語・クロスプラットフォーム対応により、アプリケーション1つで世界市場に進出できます。

最高の視認性

アピアランスを細かく設定でき、文字も鮮明に表示されますので、デザイナーもブランド担当者も、どのような状況下でもテキストが適切に見えるよう調整できます。

オープンソース – メリットは無限大

プラットフォーム拡張

Android端末などFreeTypeが利用できる環境であればどのような機器にも対応しますので、拡張の可能性が広がります。

パフォーマンスの加速

ネイティブ統合が可能なため、プラットフォーム全体でパフォーマンスが向上します。

デザインの柔軟性

オープンソースコミュニティで絶えず機能の強化・刷新が図られていますので、機能について新しいアイデアが生まれたら、すぐに実現に向けて動き出すことができます。

アクセスの拡大

開発者はプラットフォームの要件に応じて、オープンソース、OS、専用スタック、またはMonotype独自のエンジンを通じてテキストエンハンスメント機能にアクセスすることができます。

Facebook icon Instagram icon LinkedIn icon Twitter icon