Monotypeの専門家をご紹介します

Monotypeを支える書体デザインとテクノロジーの専門家をご紹介します。 書体デザイナーとしてのキャリアや数々の実績をご覧いただけます。弊社エキスパートへのご相談は、下記お問い合わせフォームよりご連絡下さい。また報道・メディア関係者様からのお問い合わせも、随時お受けしております。
Akira Kobayashi headshot

小林 章

書体ディレクターの小林章は、30年にわたる経験を持っています。日本語の書体開発に関する豊富な経験とカリグラフィーへの深い造詣を持ち、著名な書体デザイナーであるAdrian FrutigerやHermann Zapfと共同で書体開発に携わりました。

Type directors

Toshi Omagari

書体デザイナー大曲都市は多言語のタイポグラフィーに重点的に取り組んできました。いくつもの有名ブランドのカスタムフォント制作に携わっており、H&Mのカスタムフォント開発などの実績があります。国際タイポグラフィー協会ATypIのカンファレンスイベントでは講演も行っています。

Type designers

Jim Ford

書体デザイナーのJim Fordは、企業のカスタムフォント開発と自身のアート作品制作との両方に取り組んでいます。彼のポートフォリオには、ブランドや企業のカスタムフォントプロジェクトに加え、 MasqualeroやPosterama、Quire Sansも含まれています。

Type designers

Steve Matteson

クリエイティブ書体ディレクターのSteve Mattesonは、書体の可読性研究プロジェクトのパイオニアで、若手デザイナーの指導も行っています。30年近く書体開発に携わっており、Open Sansの開発責任者でもあります。

Type directors

Terrance Weinzierl

書体デザイナーのTerrance Weinzierlは多くのカスタムフォントプロジェクトに携わっています。 これまで何社もの大手企業の書体開発を手がけており、その中にはGoogle、Domino’s、Microsoft社など皆さんのよく知る会社も含まれています。

Type designers

Facebook icon Instagram icon LinkedIn icon Twitter icon