Japanese humanist sans serif face

Tazugane™ Gothic

palt ON

ゴシック体を、「自然体」へ。
いちばん人に近い、伝わる文字へ

palt ON

たづがね角ゴシックは、Monotypeの欧文書体、Neue Frutiger®に合う日本語書体として開発がスタートしました。Neue Frutigerのような〈安心感〉をもつヒューマニストサンセリフ体として、サイン・書籍・広告・Web等、用途を限定しない汎用性の高い製品を目指しました。漢字と仮名などの日本語の文字サイズに合わせて、あらかじめNeue Frutigerを拡大し、ベースラインシフトを施した状態で搭載しています。

palt ON

フォント名の由来タンチョウに代表される鶴は、古くから東アジアにおいてその気品ある佇まいや優雅に飛ぶ姿から瑞鳥とされ、文学や芸術作品のモチーフとして多用されて親しまれてきました。日本では「鶴は千年、亀は万年」と言われるように長寿の象徴とされています。鶴は『万葉集』の歌にもよく詠まれており、【たづがね】という言葉は、この【鶴】を意味します。鶴の長寿にあやかり、末永く使われていくことを祈願して『たづがね角ゴシック』と名付けました。

Creating a more consistent and pleasing experience for readers.

By not making the individual characters too large, the balance of traditional handwriting taught in schools is preserved, producing a typeface with a distinctly human flavor that supports a sense of stability and readability.

tazugane1

Preserving the sense of natural and human balance

tazugane2

The contour of the characters generates a certain rhythm when the type is set.

tazugane3

Characters designed widthwise

tazugane1

Characters designed lengthwise

Works together with Neue Frutiger

The Latin alphabet in the Tazugane Gothic typeface is the globally admired sans serif Neue Frutiger, has been adjusted to match the Japanese typeface.
The Tazugane Gothic typeface contains OpenType functions including proportional metrics and kerning. In applications compatible with these functions, tracking and kerning of type are implemented according to the specified metrics.

10 weight variations

Like the Neue Frutiger typeface, Tazugane Gothic is a typeface family that includes ten different weights, ranging from Ultra Light to Extra Black, allowing for a broad range of applications.

Ultra Light

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Thin

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Light

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Book

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Regular

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Medium

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Bold

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Heavy

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Black

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Extra Black

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

! " # $ % & ' ( ) * + , - . / 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = > ? @ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z [ ¥ ] ^ _ ` a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z { ¦ } ˜ \ | ~ ¡ ¢ £ ƒ § ¤ « · » ¿ ́ ˆ ¯ ̆ ̇ ̈ ˚ ¸ ̋ ̨ ̌ Æ ª Ł Ø Œ º æ ı ł ø œ ß ­ © ¬ ® ° ± ² ³ µ ¹ ¼ ½ ¾ À Á Â Ã Ä Å Ç È É Ê Ë Ì Í Î Ï Ð Ñ Ò Ó Ô Õ Ö × Ù Ú Û Ü Ý Þ à á â ã ä å ç è é ê ë ì í î ï ð ñ ò ó ô õ ö ÷ ù ú û ü ý þ ÿ Š Ÿ Ž ̅ š ž Α Β Γ Δ Ε Ζ Η Θ Ι Κ Λ Μ Ν Ξ Ο Π Ρ Σ Τ Υ Φ Χ Ψ Ω α β γ δ ε ζ η θ ι κ λ μ ν ξ ο π ρ σ τ υ φ χ ψ ω А Б В Г Д Е Ё Ж З И Й К Л М Н О П Р С Т У Ф Х Ц Ч Ш Щ Ъ Ы Ь Э Ю Я а б в г д е ё ж з и й к л м н о п р с т у ф х ц ч ш щ ъ ы ь э ю я   ´ _ ︿ ソ 橿 宿 駿 退 滿 俿 溿 譿

About The Designers

Akira Kobayashi

Akira Kobayashi

As type director at Monotype GmbH in Germany he controls the aesthetic quality of in-house typefaces, and has been creating digital interpretations of classic typeface families for renovation, and designing corporate custom typefaces, besides making his own types. He is a frequent speaker at international type conferences and workshops in Europe, Americas and Asia, and serves as a jury member in prestigious international typeface design competitions.

Kazuhiro Yamada

Kazuhiro Yamada

Senior type designer at Monotype Japan since 2014. He holds a BA (2008) from Tama Art University where he studied visual communication design. After graduation, he worked as a book designer in the office of Yukimasa Matsuda, a famous graphic designer in Japan. At Monotype Japan, he is responsible for designing Japanese typeface.

Ryota Doi

Ryota Doi

After receiving his BA in design from Tokyo University of the Arts in 2013, he enrolled in the MA program in Typeface Design at the University of Reading, U.K. Upon earning his Master of Arts degree in 2014, he returned to Japan and began working at Monotype Japan as type designer. He has been developing Japanese typeface that corresponds to Latin typeface and vice versa.

ゴシック体を、「自然体」へ。いちばん人に近い、伝わる文字へたづがね角ゴシックは、Monotypeの欧文書体、Neue Frutiger®に合う日本語書体として開発がスタートしました。 Neue Frutigerのような〈安心感〉をもつヒューマニストサンセリフ体として、サイン・書籍・広告・Web等、用途を限定しない汎用性の高い製品を目指しました。 漢字と仮名などの日本語の文字サイズに合わせて、あらかじめNeue Frutigerを拡大し、ベースラインシフトを施した状態で搭載しています。フォント名の由来タンチョウに代表される鶴は、古くから東アジアにおいてその気品ある佇まいや優雅に飛ぶ姿から瑞鳥とされ、文学や芸術作品のモチーフとして多用されて親しまれてきました。 日本では「鶴は千年、亀は万年」と言われるように長寿の象徴とされています。 鶴は『万葉集』の歌にもよく詠まれており、【たづがね】という言葉は、この【鶴】を意味します。鶴の長寿にあやかり、末永く使われていくことを祈願して『たづがね角ゴシック』と名付けました。アメリカ式Pointはパイカ活字の1/12、すなわち 0.3514 mmというGraphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段としてマークやLogotypeといった企業の個性(Identity)を視覚化するIllustrationは図画による表現技法で「イラスト」とも略される1856年に長崎でオランダ(The Netherlands)の機械を用いたのが最初であるPortlandは全米で最も住みたい街といわれ、ArtistやDesigner日本漫画“Manga”は欧米にも輸出されており“Comic”とは