Kamal Mansour
リンギスティックタイポグラファー

In his words.

Imagine if we were to call Latin script blue, while calling all others non-blue. We would be gathering the remaining colors of the spectrum into one group without differentiation.

Kamal MansourはMonotypeの言語に関するタイポグラファーです。1990年代半ばから世界中の数多くの言語のタイポグラフィに携わっています。その間、世界中の言語のデジタル・サポートを可能にするUnicodeの開発にも携わってきました。さらに、さまざまな複雑な書字システムを正確に書体で再現するのに必要なコードも数多く開発してきました。

KamalはGoogle Notoでも、世界中のすべての言語のフォントをデザインすることを目指し、重要な役割を果たしました。2006年以降、カリフォルニア大学バークレー校のScript Encoding Initiativeの顧問委員も務めています。Kamalは幼少期の多国語教育により言語や文字に興味を持つようになり、後にその関心がタイポグラフィへと発展しました。彼はコンピューターサイエンス、言語学、製品デザインなど、幅広い分野を学んでいます。また、スタンフォード大学で「デジタル時代の筆記システム」というコースの講師も務めました。

Studio releases.

Kamal Mansour