Charles Nix
タイプディレクター

In his words.

Typography and type design is very direct and pure, in the way that we’re creating tools for other designers to use.

Charles Nixはデザイナー、タイポグラファー、教育者であり、現在Monotypeで書体ディレクターを務めています。Monotype Libraryの数々の人気書体をデザインしており、中でもWalbaumとHope Sansは第22回Annual Type Directors Club Typeface Design CompetitionでCertificate of Typographic Excellenceを受賞しています。また、Google Noto、Progressive Insurance社、フィラデルフィア美術館のカスタム書体もデザインしています。

Charles は Monotypeへの入社前、自らが共同経営者である小さな出版会社で何百冊もの本をデザインし、提案の作成から印刷の監督まで、書籍制作のあらゆる面を管理していました。彼はマーケティング、出版、広告の経験から、ブランディングにおける書体の重要性について独特な視点を持っています。

また、Charlesは教育者でもあり、マレーシアの Center for Advanced DesignやニューヨークのParsons School of Designでコミュニケーションデザイン学部の学部長を務めたこともあります。彼は何十ものグラフィックデザイン、タイポグラフィ、パブリケーションデザインのコースを教え、LinkedIn Learning用にいくつもの書体デザインのコースも作成しています。さらに、Charlesはタイポグラフィの発展を目指す国際団体、 Type Directors Clubの名誉会長でもあります。

Studio releases.

Thought leadership.

Ambiguity, designed by Charles Nix

The state of Ambiguity.

Charles Nix