大曲都市 — 書体デザイナー。多言語のタイポグラフィーとフォント開発のエキスパート

Toshi Omagari

書体デザイナー大曲都市は多言語のタイポグラフィーに重点的に取り組みながら、これまでいくつもの有名ブランドのカスタムフォント制作に携わってきました。また最も新しくリリースされたMonotypeの新書体にも関わっています。国際タイポグラフィー協会ATypIなどの大手カンファレンスイベントの常連として講演を行っており、講演では複数言語の書体開発について、これまでの経験や見識を分かち合っています。

大曲都市は、東京武蔵野美術大学で視覚伝達デザイン科を卒業後、レディング大学の書体デザインコースで修士号(MA)を取得し、2012年にMonotypeに入社しました。大曲は書体開発に強い関心を持ち、Monotypeでいくつもの大きなプロジェクトに携わってきました。その中で『失われた書体』を復刻するプロジェクトなどにも関わっており、著名な書体の中にはNeue Haas UnicaやWilliam Addison Dwigginsの作成したMetroを現代風に改刻したMetro Novaなどが挙がります。さらにH&Mのためのファッショナブルなカスタムフォントの開発やSir Quentin BlakeのためのSir Quentin Blake自身の独特の手書き文字をベースにしたフォントの開発も行っています。

  • ラテン文字、ギリシャ文字、キリル文字、モンゴル文字を含む多数書体の開発を専門
  • 800以上の言語に対応しているNoto familyのうちひとつ、Tibetanの筆記体をデザイン
  • 他にも、書体デザインのスクリプトやプラグインを記述しGithubでシェアすることも楽しんでいます

Metro® Nova

Once was lost but now am found|

Neue Haas Unica™

Typographic natural selection|

In his words

“When you look at typefaces, they often aren’t as beautiful as you might remember. The perfect version of a typeface exists in your memory; typeface revival is a process of its visualization”
「書体を見ると、自分がイメージしていたほど美しくはないことがあります。これは良くあることで、記憶の中にある書体のイメージこそがもっとも完成されたバージョンなのです。書体を復刻させるということは、頭の中にあるその完璧なイメージを再現する作業なのです。」