プレミアリーグ:最適化されたカスタム書体で、確かなブランドアイデンティティを発揮する

Monotypeの書体デザイナーである大曲都市は、DesignStudioと緊密に連携して、画面や背番号、テレビやリーグの成績表に至るまでの膨大な数のアイテムを通して、メディアが確実にユーザーへとそのブランドを認知できるような、確かなプレミアリーグ用のジオメトリックサンセリフを作成しました。

プレミアリーグでは、改定前はすべて大文字の書体を使用していましたが、今まで使用されていたフォントに真新しさと、親しみやすいイメージ、そして、さまざまなメディアで取り上げられても確実にブランドイメージをユーザーに届けることができるデザインを導入する必要がありました。ヨーロッパでのプロサッカーリーグとの激しい競争に常にさらされる中、プレミアリーグでは、視覚的な面だけでなく、商業レベルでも注目を集める必要があったのです。

「私たちは10年前にデザインされたフォントから、デジタル時代向けではないあらゆる要素を撤廃しようと考えました」と、DesignStudioチームは述べています。「ライオンとすべてのアイテムは、より美しくシンプルに感じられるよう描き直されました」DesignStudioは、大きなサイズでもインパクトがあり、デジタルアプリケーションで縮小された状態でもユーザーに正しく伝わるフォントを必要としていました。

書体は、大きなサイズで機能する必要があるだけでなく、成績表などを縮小版で使用する場合など、非常に小さなスケール(特に長い名前の選手を掲載できるようにするため)でも機能することが求められました。これには、イングランドのAlex Oxlade-Chamberlain選手の名前をテストケースとして使用しました。この実験は非常に珍しい印刷実験でした。

「このような取り組みを通じて、大文字と小文字が混在している場合には、線の太いフォントでは読みづらく、ユーザーに正しくブランドを伝えることはできないことがわかりました。この取り組みはとても興味深いものでした」

この書体の根底は、ブランド刷新の初期段階でDesignStudioが最初に描いた文字商標にありました。大曲はDesignStudioと密に連携し、たとえば、小文字のr、g、mのやや先が細くなったステムを挙げ、このようなディテールをファミリー全体のDNAとして反映させました。大曲は東ロンドンのDesignStudioのオフィスに常駐し、DesignStudioチームと協力して巨大なサイズで印刷される文字を作成し、DesignStudioの提案に沿って細かい調整を行っていきました。

Premier Sansは、テレビ、放送、印刷物、ウェブサイト、アプリ、そして地上のあらゆる接触点(タッチポイント)に対応できるフォントである必要がありました。それだけではなく、ブランドの新しい印象を伝え、そのブランドの持つ特徴を正しく示すことができるということも必要不可欠な要素でした。

「Premier Sansは、基本的には機能的な書体ですが、さりげなくフレアで装飾することもできます」と、DesignStudioは付け加えています。

今、人々がサッカー観戦を楽しんでいる時、その気をそらすのはモバイルやコンピュータです。これは他のスポーツブランドと同じくらい手強い競争相手です。

「DesignStudioでは大曲氏と協力し、より印象に残る文字の研究に取り組んでから、数字と句読点に移りました。この取り組みでは、ひとまとまりの文字として読まれることはないものの、拡大され見出しで使用されてもブランドの特徴を伝えることができるものを追求しました」

モバイルやコンピューター上で多用されているジオメトリックサンセリフとの違いは、縦線の上部に加えられているわずかな角度です。特に数字には最も注意を払いました。時計、成績表などを画面上で使用する際には容易に区別できる必要があるためです。

「テレビやモバイルで数字がよく使用されていることはわかっていましたので、背番号を他とは違う際立ったものにする必要がありました」と、大曲は述べています。

また、この書体は視覚的に新しいプレミアリーグを印象付ける一助となり、同業のスポーツ団体だけでなく、世の中に新しいものを発信し先導し続けているGoogleやAppleなどの先駆的企業とも同様の世界観をプレミアリーグでも持たせることに成功しました。

「私たちは、よりパーソナルでオープンなイメージをもつ書体を追求しました」と、DesignStudioは付け加えます。「このようなブランドフォントの世界観は現代的(コンテンポラリー)であると言えるでしょう」

Facebook icon Instagram icon LinkedIn icon Twitter icon