スケーラブルフォントを実装する際に考慮すべき8つの事項

製品にスケーラブルテキストを実装したい場合、最初に実行すべきステップは、関係する問題すべての「全体像」について考えることです。ここでは考慮する必要のある主要な要因と、それに対応したスケーラブルなテキストソリューションで求められる特性について説明します。

  1. 1.

    CPUの帯域幅とランタイムメモリに関する制約事項

    低コストで省スペース型のデバイスのほとんどは、ランタイムメモリが制限されており、CPUの帯域幅が狭いため制約があります。たとえば、自動車用クラスターおよびウェアラブルデバイスは、通常、50~120 MHzで動作するARM Cortex-M3(ランタイムメモリが限られている)など、極めて制約の多いプロセッサに基づいて構築されています。

  2. 2.

    小さなランタイムコードサイズ

    この省スペースおよびローエンドのマーケットで適切にサービスを提供するためには、フォントエンジン全体で非常に効率的なコード(通常、ARMのコードサイズは100 Kバイト未満、さらにランタイムRAMはわずか20 Kバイトという超コンパクトなフットプリント)を使用する必要があります。

  3. 3.

    効率的なマルチフォントと多言語レンダリングの柔軟性

    低コストのデバイスではリソースに限りがありますが、そのような状況でも、かなり高度なディスプレイ要件が求められます。製品がグローバルに出荷される場合は、多言語機能を組み込む必要があります。ラテン系言語のみのサポートではもはや十分とはいえず、現在の製品ファミリーは、通常、2つ以上のスタイルですべてのフォントについて4~6サイズを構成する必要があります。

  4. 4.

    フォントシェーピングとグレースケールレンダリング

    世界中の言語を正確に表示するには、スムーズで正確なフォントシェーピングが欠かせません。フォントソフトウェアでは、既存のテキストレイアウトシステムを統合し、アラビア語、タイ語などの複雑なスクリプトではダイナミックなUnicode®シェーピングを提供し、テキストリオーダリングを含む、アラビア語、ヘブライ語などの双方向スクリプトでも処理に対応できる必要があります。合わせて、白黒とグレースケールの両方のサポートも重要になりつつあります。

  5. 5.

    コンパクトで効率的なフォントファイル

    多くの場合、(ハイエンドデバイスでは28ピクセル以上であるのに比較して)ローエンドの画面では、各フォントをわずか12ピクセルで正確にレンダリングしなければなりません。最新のテキストレンダリングソフトウェアでは、数千文字の東アジア言語のサポートも含み、すべてのアプリケーションおよびデバイスの厳しいサイズ要件を満たす必要があります。フォントエンジンは、あらゆるデバイスのあらゆるテキストサイズで、高品質のシングルビットまたは8ビットのラスター文字を生成するために、TrueTypeのアウトラインを動的にスケーリングする必要があります。

  6. 6.

    さまざまなディスプレイと解像度

    ローエンドからハイエンドまでの製品ファミリーをサポートする場合、デザイナーは各ディスプレイに固有の特性を考慮する必要があります。たとえば、ある製品ファミリーでは、1.5~13インチのディスプレイサイズ、70~300dpiの解像度、さまざまなメディア(LCD、OLEDなど)、アンチグレアオーバーレイ、周囲光の変化、およびその他の要因に対応しています。そのため、ビットマップフォントの使用は実用的ではありません。読みやすさを実現するため、レンダリングエンジンでは、フォントを適切にスケーリングし、シェーピングするために、各画面上の個々のピクセルのアドレスを指定できる必要があります。

  7. 7.

    瞬読性のための最適化

    快適に読書に没頭できるように調整されている電子ブックリーダーの画面とは異なり、車のダッシュボードデバイス、ウェアラブルデバイス、医療デバイスおよびその他のスマートフォンや携帯電話をはじめ、テレビやPCなどの民生デバイスの画面には、「瞬時に認識」できるよう最適化された表示が必要です。低レベル~中レベルのデバイスであっても、この要件に適合できなければなりません。また、スケーラブルテキストソフトウェアには、この瞬時に認識できるテキストのシェーピングおよびスケーリング機能が含まれている必要があります。

  8. 8.

    標準ベースの開発環境

    以前指摘したように、ビットマップに対するスケーラブルテキストの主なメリットの1つは、標準的なプラットフォームでユーザーインターフェイスを開発してから、ターゲットのハードウェアに移植できることです。スケーラブルフォントのレンダリングシステムでは、業界標準のTrueType®フォントと幅広く柔軟に適合するためのコンパイル済みライブラリで構成される標準ベースのANSI Cコードパッケージが装備されている必要があります。