デザイン戦略の難関、ゲームフォントを攻略する

手に汗握るレーストラックや、弾丸が飛び交う戦場で、テキストやタイトルのフォントはプレイヤーの関心事ではないでしょう。しかし、ゲームに合わないフォントには、プレイヤーから不満の声が上がることは間違いありません。インターフェース上の操作指示やスコアのデザインは、意識下でゲームエクスペリエンスに大きな影響を与えているのです。

ゲームのフォントはゲームの個性を表現する役割を果たしており、ゲームのテーマや雰囲気を伝えつつ、コンテンツへの期待を形成します。そして、プレイヤーが遅れたり取り残されたりしないように、あらゆる画面において、複数の言語で、必要な情報を瞬時に読みとりやすい形で表示するという、実質的な役割も満たさなくてはなりません。

Monotypeでは、ゲームクリエイターと協力しゲームの世界観に適したフォントの制作を行っています。ゲームの雰囲気を演出しながら、プレイヤーに操作内容を示し、スコアを表示することを可能にします。

文字の個性を生かした適切な配役

たとえ史上最高のゲームコンテンツを作り上げたとしても、適切なブランディング、パッケージアート、プロモーションがなければ、まったく意味がありません。そのタイトルは、人知れず消えて行くことでしょう。しかし、店頭やポスター告知で、ゲームのテーマ、雰囲気、斬新さを伝えるのは簡単なことではありません。単体のタイトル、シリーズ、スタジオのいずれも、世間に認知されるためにはブランディングが不可欠です。一部の書体はエンターテインメントメディアにおいて、使い古され、陳腐になってしまいました。例えばSFものにGeometric san serifを使うのは月並みといえるでしょう。ただ、そこにちょっとしたひねりを加えるだけで、競合の多いジャンルの中で存在を際立たせることができるのです。ゲームコンテンツ内のフォントと調和するブランディングを展開すれば、一貫して満足度の高いユーザーエクスペリエンスを提供することができるでしょう。

Monotypeはゲームフォントのチャンピオンです

  • デザイナーとエンジニアで構成される専門チームがゲームクリエイターとコラボレーション
  • 多数のゲーム用フォントを網羅したフォントカタログ
  • タイプデザイナーが対象ゲーム独自のフォントを制作・カスタマイズ
  • グローバルタイトル向けの包括的な言語/ローカライゼーションサポート