たづがね®角ゴシック Info

ツメON

簡略化されたエレメント、
ヨコ組み特化のTypeface。

ツメON

たづがね角ゴシックInfoは、ヨコ組みに特化した仮名を備えています。たづがね角ゴシックの漢字・欧文部分はそのままに、ヨコ方向に組まれたテキストの安定感を考えて整理されたデザインは、情報を端的に伝える場面で力を発揮します。特にカタカナ部分は落ち着いた印象と水平のラインを意識したつくりで、製品名や外来語などカタカナが多く使われる昨今の環境になじむデザインです。

ツメON

フォント名の由来:タンチョウに代表される鶴は、古くから東アジアにおいてその気品ある佇まいや優雅に飛ぶ姿から瑞鳥とされ、文学や芸術作品のモチーフとして多用されて親しまれてきました。日本では「鶴は千年、亀は万年」と言われるように長寿の象徴とされています。鶴は『万葉集』の歌にもよく詠まれており、【たづがね】という言葉は、この【鶴】を意味します。鶴の長寿にあやかり、末永く使われていくことを祈願して『たづがね角ゴシック』と名付けました。 

「見やすく読みやすく」、その別の形

たづがね角ゴシックの設計思想は引き継ぎつつ、より機能的な側面を強調して設計された結果、
フトコロがやや大きめでシンプルな字形となっています。

tazugane gothic
tazugane info

誰でも使いやすく。

読みやすさで定評のあるNeue Frutigerを英数字に採用。
英数字のサイズ・位置を、あらかじめ日本語にあわせて最適化。
誰でもキレイに詰め組みできる豊富なペアカーニング。

10ウェイトで自在に。

サイン、書籍、WEBなど、現在のメディア環境に対応。 見出し用、本文用それぞれの用途を考えた設計。
他の欧文書体とも組み合わせ自由なウェイトバリエーション。

Ultra Light

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Thin

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Light

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Book

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Regular

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Medium

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Bold

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Heavy

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Black

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

Extra Black

Graphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段として

! " # $ % & ' ( ) * + , - . / 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = > ? @ A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z [ ¥ ] ^ _ ` a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z { ¦ } ˜ \ | ~ ¡ ¢ £ ƒ § ¤ « · » ¿ ́ ˆ ¯ ̆ ̇ ̈ ˚ ¸ ̋ ̨ ̌ Æ ª Ł Ø Œ º æ ı ł ø œ ß ­ © ¬ ® ° ± ² ³ µ ¹ ¼ ½ ¾ À Á Â Ã Ä Å Ç È É Ê Ë Ì Í Î Ï Ð Ñ Ò Ó Ô Õ Ö × Ù Ú Û Ü Ý Þ à á â ã ä å ç è é ê ë ì í î ï ð ñ ò ó ô õ ö ÷ ù ú û ü ý þ ÿ Š Ÿ Ž ̅ š ž Α Β Γ Δ Ε Ζ Η Θ Ι Κ Λ Μ Ν Ξ Ο Π Ρ Σ Τ Υ Φ Χ Ψ Ω α β γ δ ε ζ η θ ι κ λ μ ν ξ ο π ρ σ τ υ φ χ ψ ω А Б В Г Д Е Ё Ж З И Й К Л М Н О П Р С Т У Ф Х Ц Ч Ш Щ Ъ Ы Ь Э Ю Я а б в г д е ё ж з и й к л м н о п р с т у ф х ц ч ш щ ъ ы ь э ю я   ´ _ Å ︿ ソ 橿 宿 駿 退 滿 俿 溿 譿

About The Designers

小林 章(こばやし・あきら)

小林章(こばやし・あきら)

ドイツMonotype社のタイプディレクター。主な職務は、書体デザインの制作指揮と品質検査、新書体の企画立案、過去の名作書体の改刻、コーポレート用カスタム書体の提案と制作など。 海外と日本での講演多数。また、業務とは別に、デザイン誌を中心に書体デザインについての記事を多数執筆。

土井 遼太(どい・りょうた)

土井遼太(どい・りょうた)

Monotypeタイプデザイナー。2013年東京藝術大学デザイン科卒業。2014年に英国レディング大学で修士号を取得したのち、2015年にMonotypeに入社。日本語書体開発チームの一員として、和文、欧文書体のデザインを担当。

山田 和寛(やまだ・かずひろ)

山田和寛(やまだ・かずひろ)

フリーランスデザイナー。2008年多摩美術大学卒業。松田行正に師事した後、Monotypeでたづがね角ゴシックの開発に従事。2017年にnipponiaとして独立。書籍装丁・書体デザイン・グラフィックデザインを中心に活動中。

たづがね角ゴシックInfoは、ヨコ組みに特化した仮名を備えています。たづがね角ゴシックの漢字・欧文部分はそのままに、ヨコ方向に組まれたテキストの安定感を考えて整理されたデザインは、情報を端的に伝える場面で力を発揮します。特にカタカナ部分は落ち着いた印象と水平のラインを意識したつくりで、製品名や外来語などカタカナが多く使われる昨今の環境になじむデザインです。簡略化されたエレメント、ヨコ組み特化のTypeface。フォント名の由来:タンチョウに代表される鶴は、古くから東アジアにおいてその気品ある佇まいや優雅に飛ぶ姿から瑞鳥とされ、文学や芸術作品のモチーフとして多用されて親しまれてきました。日本では「鶴は千年、亀は万年」と言われるように長寿の象徴とされています。鶴は『万葉集』の歌にもよく詠まれており、【たづがね】という言葉は、この【鶴】を意味します。鶴の長寿にあやかり、末永く使われていくことを祈願して『たづがね角ゴシック』と名付けました。ゴシック体を、「自然体」へ。いちばん人に近い、伝わる文字へたづがね角ゴシックは、Monotypeの欧文書体、Neue Frutiger®に合う日本語書体として開発がスタートしました。 Neue Frutigerのような〈安心感〉をもつヒューマニストサンセリフ体として、サイン・書籍・広告・Web等、用途を限定しない汎用性の高い製品を目指しました。 漢字と仮名などの日本語の文字サイズに合わせて、あらかじめNeue Frutigerを拡大し、ベースラインシフトを施した状態で搭載しています。フォント名の由来タンチョウに代表される鶴は、古くから東アジアにおいてその気品ある佇まいや優雅に飛ぶ姿から瑞鳥とされ、文学や芸術作品のモチーフとして多用されて親しまれてきました。 日本では「鶴は千年、亀は万年」と言われるように長寿の象徴とされています。 鶴は『万葉集』の歌にもよく詠まれており、【たづがね】という言葉は、この【鶴】を意味します。鶴の長寿にあやかり、末永く使われていくことを祈願して『たづがね角ゴシック』と名付けました。アメリカ式Pointはパイカ活字の1/12、すなわち 0.3514 mmというGraphic designは情報やMessageを正確に伝達する手段としてマークやLogotypeといった企業の個性(Identity)を視覚化するIllustrationは図画による表現技法で「イラスト」とも略される1856年に長崎でオランダ(The Netherlands)の機械を用いたのが最初であるPortlandは全米で最も住みたい街といわれ、ArtistやDesigner日本漫画“Manga”は欧米にも輸出されており“Comic”とは