大切な機能を邪魔しない:メモリ消費を最小限に抑えたフォントエンジン

美しく国際的にアピールするテキストを実現するために、他の要素を犠牲にする必要はありません。メモリの大量消費によるデバイスのスピードダウンや読みたいコンテンツの妨げとなるフォントエンジンは、ユーザーには不評です。そこでMonotypeでは、ファイルサイズを小型化、統合プロセスを簡素化することで、ソフトウェアの最適化を実現しました。メモリが限られた環境でも、負荷がかかることはありません。さらに、エンジニア側で圧縮やフォントリンキングを実行し、さらにメモリを制御できるようになっています。詳しくは以下をご参照ください。