世界規模のスーパーファミリー書体 SST

SSTはブランディングの中心的課題である普遍性に取り組む書体です。 SSTは、イタリック体を備えた6つのウエイトで93の言語をサポートしている、世界規模のスーパーファミリー書体です。様々なプラットフォームや場所でコミュニケーションを図る企業のニーズを満たすことができます。 「特筆すべき点がない、ということが特筆すべき点ですね。」とタイプディレクターの小林章は言います。「別の言葉で言うならば、控えめなルックスが『堅実さ』や『端正さ』を出したい製品やブランドに向いています。」

ソニークリエイティブセンターのチーフアートディレクターである福原寛重氏とのパートナーシップにより、小林はソニーの独自書体として初めてSSTを設計しました。ソニーは、必要とされるすべてのタッチポイント、また展開しているすべての国で機能するデザインを必要としていました。実践的な考え方に加えて、SSTは時代を超越する必要がありました。常に変化するデジタル世界の中でも、流行などにとらわれず堅実なデザイン原理を追求する必要がありました。

SSTスーパーファミリーは8つのスクリプトと90以上の言語をサポートしています

「かりにタイポグラフィの地図のようなものがあるとして、どの書体にもそれぞれの『立ち位置』があると思うんです。」と小林は言います。 「トレンドに乗った見栄えの良い書体が数年後には古くさく見えたり、すごく凝ったデザインの書体が人目を引いたりすることがあります。」

「いっぽう、控えめな見え方の書体でも、それが表現力の弱さにつながるわけではありません。」と彼は付け加えた。 「SSTは、製品やブランド自体に語ってもらうために十分な柔軟性を持たせてつくってあります。長期的なブランディングを考えたときに、このSSTのような書体、それ自体が特に人目を引かないような書体が理想的です。」

普遍的な、時代を超越した魅力を目指す �とはかなり大変な要求ですが、それは小林が自らに課したタスクです。ヒューマニストのデザインの読みやすさとネオ・グロテスクの確かさを実現するために着手したソニーのアートディレクションチームが作成したアルファベットのスケッチから始めて、デザイナーは多言語グリフに先駆けてラテンフォントを開発しました。

小林は、Monotypeの地元のデザイナーのネットワークを使って、言語の専門知識を活用し、文化的な感度に対する洞察を得、その書体が各国に合わせて作られていることを確認しました。これは、カーブや線幅などの個々の詳細が複数の言語にわたって一貫していることを確実にするチャンスでした。

「こういう場面を想像してみてください。製品やブランドについての説明を書かなくてはいけないことになり、その文章が堅実で端正なトーンになっていることが求められています。そのイメージにふさわしい書体を選びますよね。Helvetica や Avenir のような。でも日本語、アラビア語、タイ語はどうしますか? そういうとき、SSTが良い解決策になるかもしれません。」

目の錯覚をうまく利用することで、線幅が文字間で一貫して見えるようになりました。また、小さいサイズの隙間部分やカウンターに十分なスペースを使用することで判読性を最大化することができました。

そして、SSTが特徴を持ちすぎないようにしながら、小林は「柔らかすぎる」タイプフェイス感覚を避けるために、「y」のカールした脚をまっすぐにカットしました。 「きれいでシンプルな」外観のこの文字は、SSTの特徴を定義したキーグリフになりました。

このタイプフェイスのリリースに伴い、多言語対応を証明するために、ロンドンのクリエイティブエージェンシーのLa Familiaは、従来の見本帳とはわずかに異なるアプローチをしました。このチームは、SSTの様々な文字を現実の世界に配置し、まるで浮いた気泡や雨の滴が電車の窓を流れるかのようにネオンサインを点滅させてみせました。

SSTがどのように3次元で機能するのかは、試行錯誤の連続でしたが、予期せぬ環境で言語能力を反映した場所を探るきっかけにもなりました。

「さまざまな環境、場所、文脈で文字を見せたかったのです。」とLa Famila監督のPablo Riveraは説明します。「私たちは、地球上のどこでネオンと似たものを見つけられるかを考え、オーロラのアイデアを得ました。それはフォントの正しい場所と正しい場面を見つけることでした。」

SSTフォントを入手する

このスーパーファミリーを体験するには、SSTのウェブ見本帳をご覧ください。各言語に対応したSSTはMyFontsから入手できます。エンタープライズまたはOEMのライセンスについては、お問い合わせください。