カスタムデザインで実現するブランドアイデンティティと競争力

市場には、数多くの書体が溢れています。あらゆるタイプの、あらゆる文字が存在すると言っても過言ではありません。その中で、ブランドが独自フォントに投資する理由はどこにあるのでしょうか。カスタムデザインのフォントは、私たち一人ひとりの筆跡や声が違うのと同じように、他にはないブランド独自の個性を表現すると同時に、制約なく自由に使用することができます。独自のタイポグラフィを持つことは、視覚的アイデンティティにおいてロゴや色、パターンと同じ重要性を占めています。そして、カスタムデザインによって、それが実現するのです。

Monotypeは、ヴォーグ、ブリティッシュ・エアウェイズ、ソニー、サウスウエスト航空、ドミノ・ピザなど、アイデンティティを重視する世界的大企業のカスタムフォントをデザインしてきました。カスタムフォントで求められるのは、付加価値です。競争の激しい旅行業界や飲食業界、デザインが重視されるファッション業界やメディア業界などからの要望が高いのは、そのためです。

また、既存のフォントでは対応できないニーズを持つブランドもあります。使いたい書体は決まっていても、その書体が海外展開に必要な言語や、マルチプラットフォームでの使用に必要なフォーマットに対応していない場合もあるからです。Monotypeでは、高い技術を誇るタイプデザイナーチームが、あらゆるニーズにお応えします。

世界にひとつだけのテキストを創るクラフトマンシップとクリエイティビティ

Monotypeでは、ブランド独自のオリジナルフォントファミリーの制作も手がけています。適切なウェイト、フォーマット、言語サポートに�って、ブランドが求めるグローバル規模のコミュニケーションニーズに対応。カスタムフォントのデザインは、通常のロゴなどで表現されるよりも、さらに繊細でサブリミナルなブランドアイデンティティの創造である一方、ブランドが言葉に込める個性をすべて明確に伝えるツールでもあります。オリジナルのカスタムフォントの制作にあたり、タイプデザインチームはコンサルテーションを重ね、ブランド価値と個性に対する理解を深めた上で、世界に1つだけの字体を生み出すのです。

カスタムフォントで伝えるブランドの魅力

  • ブランドを的確に表現する世界に1つのタイポグラフィ
  • 1つのデザインで、紙媒体からウェブサイト、低解像度から高解像度環境まで、あらゆるメディアでの展開が可能
  • 国境を超えたメッセージの発信をサポートする言語エキスパートチーム